行政書士試験 独学・合格

行政書士試験 独学・合格



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  




平成27年度の行政書士試験の合格発表


先日、平成27年度の行政書士試験の合格発表がありましたね。
実際に受験をしてから2ヶ月ぐらい合格発表にかかるので、受験生の立場としては、
この間は本当にやきもちするんですよね。


さて、今回の合格発表に伴い行政書士試験研究センターが発表していたデータで気になったのは次の2点です。

➀受験者数が前年より減少していること
②合格率の大幅な向上


➀については、これは近年ずっとこんな感じでしたので、今年もそうした近年の流れそのままにという感じでしょうか。
10年ぐらい前は7万人ぐらいの受験者がおりましたが、今年はとうとう4万5千人を切ったというところですね。
理由は色々あると思います。実際行政書士の有資格者の数も飽和状態で、
行政書士で開業をしても廃業をしていく人がかなりいるため、食べていけるのかどうかという点で
行政書士資格に魅力を感じなくなってきている人も多いのではと考えます。


それと、10年ぐらい前は資格ブームのようなものがあって、何か資格をとろうという人たちが多く、
簿記やらFPやら宅建やら、そして行政書士やらの資格をとるために
勉強をするといった人たちが多かったように思います。ただ近年はそうした資格ブームも
落ち着いており、実際簿記なんかも受験者数が減っているようですので、
行政書士試験のみならず、全体的に資格試験の受験者が減っているのかなと思います。



そうしたなかで目を引くのが今回の行政書士試験における合格率13%という数字です。
ちょっと近年ではここまでの数字に達したことは記憶になく、平成14年度に出題ミスがあって、
当該出題ミス部分を全員正解とした結果、それが原因で合格率が20%近くにまで高まってしまったものはありますが、
今回は割とそれに匹敵する合格率ですね。


試験問題を精査したわけではないので、試験問題の難易度がどうだったかはわかりませんが、
実際試験問題の難易度が従来と比べてどうだったかは気になるところですね。
ただ、これだけ平成27年度試験の合格率が高いと、次の平成28年度試験が、
合格率を下げるために難易度を高めてきそうで怖いですよね。


取り急ぎ、今回平成27年度の行政書士試験に関するデータを見て、上記のように考えました。



前回、行政書士試験関連キーワードについて、当ブログでのSEO対策に少々力をいれてみる、
ということを書きました。


で、実際に色々と考えられる手を打ってみたところ、まあそこそこ結果が出始めたのではないかと考えております。
行政書士試験関連キーワードの中でも最もビッグキーワードはまさに「行政書士試験」になろうかと思いますが、
このキーワードでgoogle検索をした場合の当ブログの検索結果表示順位が、1ヶ月前と比べて明らかに向上しました。


1ヶ月ほど前のとりたてSEO対策をしていなかった頃は、「行政書士試験」でgoogle検索をしても、
100位圏外(検索結果10ページ目にすら入れない)という状況でしたが、
現在はだいたい65位ぐらい(検索結果7ページ目の真ん中あたり)という状況になりました。
その他の行政書士試験関連キーワードも、1ヶ月前に比べると明らかに改善されている状況ではありますので、
一応の効果は出始めたのかなと考えております。


まだ推移を見守っている状況ですので、あと2週間ぐらいして果たしてどのように変化するのかを見届けて、
その上で次の一手を打つなりの対策をしようと考えております。
ちなみに、SEO対策についてコメントで助言を下さる方がおりました。大変感謝致します。
こちらの行政書士業務がえらく立て込んでしまったので、まだ助言どおりの対応ができておりませんが、
上記のとおり、あと2週間ぐらいして次の一手を打とうかなというところで、頂いた助言に基づく対応も
併せて行いたいと考えております。


とりあえずは今のところ上記のような状況です。アクセス数については、まだ微増という程度ですね。
むかーーーしの、やる夫で学ぶ行政書士試験を更新していた頃のアクセス数にはるか遠く及ばないですが、
それに少しでも近づいていければなと思っております。




さて唐突の更新ですが、今日はこのブログのSEO対策について考えます。
このブログは、昔は割りとSEO的にもよくて、割と良いキーワードで上位表示できていたものです。


で、いつぐらいかな、4~5年ぐらい前から、SEO的に非常に微妙なブログになってしまい、
検索キーワードでの上位表示が全くなされないようになっており、
現在は数える程のアクセス数ですね。


最近は全く更新をしていないから、更新頻度の悪さが明らかに
SEO評価を下げているとは思うのですが、4~5年ぐらい前はそこそこ更新をしていたので、
いきなりぐっとSEO評価が下がってしまったのは今もよくわかっていないです。


そこで、このブログでのSEOについて、少し改善をしてみたいと考えます。
まずできることとして、タイトルタグの最適化やh1タグの最適化といった、
オーソドックスな内部対策をやっていこうと思っております。
諸々考えられる内部対策をやってみて、それでどういった効果がでるか、
みていきたいと思います。


さて、なんとなしに気が向いたので久々のブログ更新。


【単発案件と継続的な案件】


今回は、今年1年の業務の按配について書いてみたいと思います。
行政書士という業務は、単発系の案件が多いことから、各月の売上の浮き沈みが
割と大きいとは言われます。実際に割合としてはそのとおりだとは思いますが、
中には案件の継続化をうまく図ってそうした各月の売上の浮き沈みを抑えている事務所も
ちらほらと見受けられます。


私自身もう開業して6年になりますが、単発のみでは売上は安定しないだろうとは、
強く思います。なので、私はビジネスモデルとして、単発で終わらない形を考えて実践しており、
毎月のように案件を頂けるクライアントをそれなりに確保していたりしております。
やはり単発案件のみでは非常に心もとないので、こうした継続的な案件受注体制を
しっかりと築いていけるかどうかが、事務所を長くやっていくためのポイントなのではと考えます。
よって、これから行政書士として開業していこうという方は、そうした視点で、
自分の取り扱う業務というものを考えていくとよいのではないかなと思います。



【インターネット集客】


また、インターネット集客の強い事務所も、
(比較的重要キーワードでの検索結果が上位の事務所)
割と各月の売上の浮き沈みが少なく、比較的安定した売上を得ているようにはみえます。
相談や案件を依頼したい方が、まずはインターネットで検索して適切な事務所を
探すというのは非常に多いです。インターネット集客というと、他にはSNSや動画を利用したものも
考えられますが、相談したい事務所を探す場合、やはりgoogleやyahooで検索をするというのが、
最も行動パターンとしては多いのではないかと思います。


ただ、インターネット集客に力を入れている事務所というものは、
年々増えているので、そう簡単には重要キーワードでの検索結果上位というものを
実現しづらくなっているとは思います。なので、これは根気強くインターネット集客施策を
継続していくしかないのではと思います。


変な話しなのですけど、行政書士事務所を長く安定的に経営していくためには、
法律の知識の多寡ではなく、集客施策のセンスや努力というものが求められるのではないかと思います。
そういう意味では、集客施策のセンスがあって、努力できる人というのは、
新人行政書士であっても、するすると成功していけるのかもしれません。



なんとなく、今日思ったことを徒然なるままに。


今日においては、様々な業務のシステム化が進んでおり、
それは行政書士の取り扱い業務も例外ではありません。


そうした中、先日、「会社設立 freee(フリー)」というシステムが登場しました。
このシステムは、freee 株式会社さんが提供するシステムで、freee 株式会社さんは、
「クラウド型の全自動会計ソフトfreee(フリー)」というシステムを既に展開しております。
この「クラウド型の全自動会計ソフトfreee(フリー)」はかなり評判が高く、私もクライアントから
その話しを耳にすることも実際に何度かありました。よって、こうしたこれまでのfreee 株式会社さんの
実績を考慮すると、今回の「会社設立 freee(フリー)」についても、
大きく展開していき、かなり利用者が増えていくのではないかと思います。


そして、こうした「会社設立 freee(フリー)」等のシステム利用者が増えると、
当然ながら行政書士が会社設立業務を受注する機会というのは減っていくでしょう。
もちろん、システムでは対応しきれない複雑又は特殊な事情のある
会社設立というものも一定数あるでしょうから、そうした場合の会社設立については、
行政書士が対応するところでもあるでしょう。
(但し、司法書士や税理士との仕事の食い合いという面での苦慮は相変わらず続くでしょう)


しかしながら、システムで対応できるような、
そこまで小難しくない会社設立については、こうしたシステムを利用して、
会社設立を行うという方はどんどん増えていくように思います。
そうした割と簡単な案件は、もう行政書士にわざわざ頼まない、
というような流れになっていくだろうな、と考えます。
こうしたシステム化というのは、行政書士の取り扱い業務においても、
会社設立以外にもどんどん増えていくでしょう。そうして簡単な案件はシステムで処理されるようになり、
システムで処理できないような案件のみが行政書士に回ってくる、
というような時代になっていくのかなと思います。


こうした流れ自体は止められるものでもありませんし、
また一般消費者からみれば歓迎すべきことでしょう。
ただ、こういったシステム化が進んでいくことで最も影響があるのは、
経験の少ない行政書士であろうと思います。
経験が少なければ、システムで対応しきれないような複雑又は特殊な事案を
満足に対応することは難しいでしょうから、おのずと受注できる仕事が少なく
なくなっていくのだと思います。ある程度経験を積み、
システムで対応しきれないような複雑又は特殊な事案をそれなりにこなせる行政書士については、
こうしたシステム化が進んでもある程度仕事の引き合いはあると考えます。


正直なところ、今新たに行政書士を開業するというのは、
一昔前よりもリスクが高まっているように感じます。具体的なデータ等を示せずに申し訳ないのですが、
上記のようなシステム化の流れを考えると、自然とそう思ってしまいます。


最新記事
カテゴリ
プロフィール

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較