2010年03月

2010年03月



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格⇒2010年03月

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

久々に、開業こぼれ話をやろうと思います。
今後は、やる夫判例シリーズをやりつつ、時折開業こぼれ話を挟むようなスタイル
このブログをやっていこうかなと考えております。


というのも、合格後のイメージを持てる方が行政書士試験勉強のモチベーションが維持しやすいと
私は思うのです。


かくいう私も、行政書士試験に落ちたことがございますが、モチベーションを維持できたのは
やはり合格後をイメージし続けることができたからではないかなと思うからです。






【お客様から寄せられる相談】




どんな分野を専門にしていくかでお客様から寄せられる相談は異なってきます。

相続、会社設立、著作権、営業許認可代行、外国人在留資格更新、契約書作成、福祉関係etc・・・
これらのような様々な業務分野が行政書士にはございます。


一般的には、自分の専門分野というのを決めて開業されている方が多いです。
で、お客様から寄せられる相談というのも、その専門分野に関する内容が必然的に多くなると
思いますが、世間一般的に行政書士が行うであろう業務に関する問い合わせが来ることもございます。


車庫証明、外国人在留資格更新、建設業許可・・・


上記のような内容は、専門分野とは別に、時折相談がくることがございますので、
こういった行政書士が行う業務として一般的に知られている案件を受任するのか、しないのかは
専門分野を何にするにせよ開業時には決めておいた方がよいと考えます。


ちなみに、私は外国人在留資格関係は受任しておりますが、車庫証明は原則として受任しておりません。
車庫証明を受任していないのは、報酬額を考えるとあまり割に合わないというのが第一の理由です。







【実際に寄せられる相談の具体的な内容】





基本的にネットで探せばすぐにわかるような質問・相談はほとんど来ないです。少なくとも私の場合は。


よって、こちらもなかなか相談内容で苦慮することもあります。

私は著作権・契約書作成といった分野を専門分野の一つとしておりますが、
著作権では、未だ判例のない内容について聞かれることが多く、そういった時は、
類似するような判例をかき集めてそれらから推察して回答を導き出します。


契約書作成でも、普通の売買契約書や賃貸借契約書の作成代行依頼などは当然来ません。
ネットや書籍でも雛形のようなものが見つからない契約書の作成代行がほとんどです。


たとえば・・・

・ポータルサイトのシステムをレンタルする契約書
・アニメ制作を3者間で行う場合(制作委員会方式)の契約書、
タレントのプロダクション所属契約書(報酬約定書付き)


これらは対応例のほんの一部ですが、開業してやっていくということは、
こういった案件に確実に対応していかなくてはならないです。


誰もが簡単にできるような案件、ネットで探せば解決できる案件・・・
こういった案件は、そもそもお客様自身で解決できてしまうので、依頼等は基本的に来ません。






【業務に耐えうる知識を形成していくには】




開業していくということは、その道の「プロ」になるということですから、
前例のないような案件でも、的確な対応が求められます。


こういった対応をしていくための勉強というのは、試験勉強とはまた別物です。
やはり、業務をこなしていく中で身につけていくのが最も近道です。


とはいえ、様々な案件をこなしていくと、世間的には難しいと思われる案件も、
意外と普通にこなせるようになってきたりします。
こうなってくると、業務がより楽しくなってくるかと思います。


それと、相続を専門にしていこうと考えている方は、開業後、行政書士会が行う無料相談会に
参加されるとよいかと思います。


無料相談会では、基本的に相続に関する相談が最も多いので、実際に相談を受けることで
具体的な業務知識が蓄積されていくと思います。


その他の分野は、それぞれ勉強方法があるかと思いますが、
それはまた別の機会にでも触れてみたいと思います。


以上、今回は、行政書士が実際にお客様から受ける相談とはどういったものかを
簡単に述べさせていただきました。


行政書士試験合格後、開業を考えてらっしゃる方の、合格後のイメージ形成に少しでも
貢献できたら幸いです。



やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験



3連休でも、全く休みというわけではなく、土日と仕事を行っておりますが、
その合間を縫って更新します。


最近は、行政書士業務の方でも新規案件ばかりでなく、以前お仕事をさせて頂いた方から
別件でお仕事をまた頂けたりすることがあり、こういうのがすごく嬉しく感じます。


では、今回は、外国人の日本における人権が問題となった「マクリーン事件」についてです。




1


マクリーン事件1


夢の中、最高♪















2


マクリーン事件2




夢の中では何にでもなれる♪
クッキングマスターにもなれるし♪














3

マクリーン事件3





バク宙もできるし♪











マクリーン事件3-2




こんな動きもできるし♪







『そ、その動きは・・・』









4


マクリーン事件4-5




マッチョになったりできるんで♪
むかつくあいつに
喧嘩を売ってみた~











5

マクリーン事件4-5





てめえ、次鋒なめんなよ!
くらえ!地獄の砲弾!
グオゴゴゴ








6


マクリーン事件6












マクリーン事件6-2












マクリーン事件6-3
















7

バタン
マクリーン事件7











マクリーン事件7-2










マクリーン事件7-3

















マクリーン事件7-4







うわああああ・・・なんだ夢かお・・・。 













8

マクリーン事件8
たく、最後のコマ「ハア、ハア」って、キャノン・ボーラーじゃあるまいし。なんか意味不明な夢だったお。
明斥夢を見れるようになるのは、まだまだ先みたいだお。


    




マクリーン事件8-2


さりげなくレオパルドンも入ってたようだが、まあ、そこんとこはいいや。まあまあ、少しずつ近づいているんじゃないか。明斥夢ってやつに。
でもあれだな、著作権を侵害しないようにパロディするって難しいな。
ということで、そろそろ今回の本題に入ろうか。 今回は「マクリーン事件」だ。







9

マクリーン事件9


ああ、憲法のところで必ず勉強するやつだお。
てか、事件名に名前が入ってるってすごい話だお。日本人の名前が事件名に入ることってほとんど聞かないのに外国人絡みの有名な裁判とかは、結構名前が入ってることが多いお。
                 





マクリーン事件9-2


だな。「森川キャサリーン事件」とか「レペタ事件」とかな。
確かにそこんところ不思議だが、今回はその辺は置いてに進めていくぞ。

マクリーン事件では、外国人に対して人権がどこまで及ぶかという点と、外国人の政治活動の自由なんかが争点になったな。







10

マクリーン事件10


テキストを読んでも、マクリーンさんがどんな政治活動を日本で行っていたのかがあまり書かれていないのだけど、実際、どんな感じだったんだお?









マクリーン事件10-2

うむ、説明しよう。

マクリーンさん(アメリカ人)は、日本にある語学学校の英語講師として1年間日本に在留する資格が認められていたんだ。

で、マクリーンさんは、とある平和運動団体に所属しその定例集会に参加したり、駅前でビラ配布を行ったり、デモ行進に参加したりしていたんだ。
ちなみに、この平和運動団体がこれらの政治活動で訴えていた内容は、ベトナム戦争反対や日米安保条約の反対、アメリカ軍のカンボジア侵入反対といったところだ。
                 






11

マクリーン事件11




むむむ。
で、マクリーンさんはどの程度その政治活動に携わっていたんだお?









マクリーン事件8-2

デモ行進やビラ配布には、1回でなく何回か参加しているようだ。

とはいえ、これらのデモ行進は平和的かつ合法的な範囲であったようだし、マクリーンさん自体、指導的な立場にいたわけではないようだし、その参加もあまり積極的なものでもなかったようだ。

んで、そうこうしているうちに、1年間の在留期間が終わろうとしてきたので、在留期間の更新申請をマクリーンさんは法務大臣に対して行ったんだ。







12

マクリーン事件12



で、更新を拒絶されたと・・・







マクリーン事件12-2


いや、更新の許可自体はされたんだ。

但し、出国準備期間として、120日間の在留を認めるといった内容だった。

なので、法務大臣の処分は、実質的には更新拒絶といっても差支えないような処分だったといえる。そこで、マクリーンさんは再度、1年間の在留更新を申請したんだが、やはり拒絶された。








13

マクリーン事件10



なるほど、更新が完全に拒絶されたわけではなかったのかお。
この辺りはちょっと知らなかったお。で、こっから裁判になっていくわけだお・・・







マクリーン事件10-2


そう。マクリーンさんは、法務大臣の処分の取り消しを求めて法務大臣を被告として提訴したんだ。

で、あまり知られていないんだが、1審(東京地方裁判所)はマクリーンさんが勝訴したんだ。しかし、2審の高等裁判所では逆転敗訴で、上告。

最高裁判所は次のように判示して2審の判決を維持し、結果としてマクリーンさんの請求は棄却されることが確定した。
                  







14

マクリーン事件14-15
国際慣習法上、国家は外国人を受け入れる義務を負うものではなく特別の条約がない限り、外国人を自国内に受け入れるかどうかまた、これを受け入れる場合にいかなる条件を付するかを、当該国家が自由に決定することができるものとされていることと解される 

したがつて、憲法上、外国人は、わが国に入国する自由を保障されているものでないことはもちろん、所論のように在留の権利ないし引き続き在留することを要求しうる権利を保障されているものでもないと解すべきである

【最高裁判事】







15

マクリーン事件14-15
法務大臣の「在留期間の更新を適当と認めるに足りる相当の理由」があるかどうかの判断の場合についてみれば、右判断に関する前述の法務大臣の裁量権の性質にかんがみ、その判断が全く事実の基礎を欠き又は社会通念上著しく妥当性を欠くことが明らかである場合に限り、裁量権の範囲をこえ又はその濫用があつたものとして違法となるものというべきである。

上告人の政治活動から同人を将来日本国の利益を害する行為を行うおそれがある者と認めて、在留期間の更新を適当と認めるに足りる相当の理由があるものとはいえないと判断したとしても、その事実の評価が明白に合理性を欠き、その判断が社会通念上著しく妥当性を欠くことが明らかであるとはいえない。

【最高裁判事】






16

マクリーン事件8-2
とまあ、こんな感じで法務大臣の処分は違法とは言えないとして、法務大臣の処分は妥当であると判断した次第だ。

平たく言うと、
・外国人の日本国への入国の自由を憲法では認めていない。
・法務大臣の裁量権にもある程度制限がある。
・マクリーンさんの政治活動等を根拠に在留更新を認めなかったのは法務大臣の裁量権の範囲を超えたものではない。
こんなところだな。







マクリーン事件10

で、ここでよく行政書士試験のテキストに出てくる
「憲法第3章の諸規定による基本的人権の保障は、権利の性質上日本国民のみをその対象としていると解されるものを除き、わが国に在留する外国人に対しても等しく及ぶものと解すべき」
という有名な判示が出てくるんだお。







17

マクリーン事件17

そのとおり。素晴らしいな。やる夫。
さらに言うなら 

「政治活動の自由についても、わが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動等外国人の地位にかんがみこれを認めることが相当でないと解されるものを除き、その保障が及ぶものと解するのが、相当である」

とも続いて判示されている。
このあたりが、憲法で外国人の人権に関して学ぶ上で重要なポイントだ。










18

マクリーン事件12-2


とまあ、このマクリーン事件は、外国人の日本における人権を考えるうえで、非常に重要な裁判例だったということだ。

次回もこれに続く形で「定住外国人地方参政権事件」を取り扱いたいと思う。

まあ、今話題にもなっているところなので、ここは行政書士試験勉強を進めるうえで重要なところだからな。





DBでいう人造人間編みたいなもの」に続く





【やる夫で学ぶ行政書士試験関連の判例】

八幡製鉄事件

税理士会政治献金強要事件

群馬司法書士会事件

マクリーン事件

DBでいう人造人間編みたいなもの

外国人地方参政権事件

全農林警職法事件

三菱樹脂事件


やる夫で学ぶ行政書士試験


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

最新記事
カテゴリ
プロフィール

梅安

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較