行政書士取扱業務 ~特上カバチ第1巻より ~ 行政書士取扱業務 ~特上カバチ第1巻より ~

行政書士取扱業務 ~特上カバチ第1巻より ~



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格行政書士試験勉強と実務の関連性⇒行政書士取扱業務 ~特上カバチ第1巻より ~

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

実はこのブログ記事を書き始めた頃は、お客様をお待ちしている状態でした(5月27日17時)。


お客様が、予定時間よりも遅れるとのことですので、なんか手持無沙汰になり、
ブログの更新等に手をつけてみた次第ですが、最後まで書ききれずに、
お打ち合わせが終わった翌日に再度更新に取り掛かりなんとか書ききった感じです。


スーツ


どんなに場数を踏んでも、お客様とのお打ち合わせはいまだに緊張します。

お打ち合わせが終わった直後は「あ~、ちゃんと話せたかな。余計なこと言ってないかな」とか、考えちゃうんですよね。










【行政書士が取り扱う業務】




行政書士業務と試験勉強との関連性を検討する前に、
まずは、行政書士が扱う業務にはどんなものがあるのかを取り上げてみるという
このコーナー


前フリがやや長いのが難点なこのコーナーですが、今日から、
漫画特上カバチに出てくる内容をもとに初めてみます。


うひゃひゃ


うひゃひゃ、よろしくだお!









また、便利屋のごとく、この「やる夫」というキャラクターを
随所に挟みながら進めていきたい
と思います。


ほんと便利ですよね、このキャラクター。






【特上カバチ第1巻】




さて、特上カバチ第1巻を読んでみます・・・・


本読む


さーて、行政書士として実績を積んだ今ならまた違った視点で見れそうだお・・・










無表情本読む


・・・・・・









汗本読む



しょっぱなから、「任意整理」の相談とか受けてるお・・・









まあ、特上カバチ第1巻の出だしを簡潔に言うと・・・


飲食店の経営をしている方が、店を開店するときに銀行から2000万円、
その後、街金から1000万円借りたんですけど、払えなくなってきたので、
「任意整理」をお願いできないかということで、行政書士事務所に相談にきたという展開です。


任意整理は、ざっくり言うと、自己破産をせずに、債権者(この事案の場合、銀行、貸金業者)と
交渉を行い借金を減額することで月々の返済を楽にしよう
というもので、
過払金と連動した話になることも多いようです。
(私は全く取り扱わない事案なので、細かいことは存じません)



んで、依頼人に代理してこの債権者と交渉を行うのが、
法律家の任意整理業務ってやつなんでしょうけど、行政書士はこれはできません。



行政書士が依頼者に代理して借金の減額等に関して債権者等と交渉を行うことは、
弁護士法第72条違反(俗に言う非弁活動)に該当します。


結果として、この相談を受けた主人公の行政書士は、



「金額もかなり大きいですし不動産の担保もあるようですから
 私どもよりやはり弁護士さんに依頼したほうがいいと思うんですよ」
(引用元:特上カバチ第1巻 8ページ「第0話その一 飛んで火に入る多重債務者」
 原作:田島隆 漫画:東風孝広 出版社:講談社)



等といって弁護士に依頼することを相談者に進めますが、
金額の大小関係なしに、行政書士は任意整理を受任することはできないはずなので、
その点で、これは誤解を与える言い方だなと感じました。
(金額の大小が問題になるのは「司法書士」)


ちなみに、特上カバチ第1巻のこの事案は、その後、悪徳弁護士とやらが絡んできて、
すったもんだのあげく、丸く収まった感じになりました。







【行政書士取り扱い業務一覧表】




さて、今回から、行政書士の取り扱い業務一覧表を
作っていこうと思います。

こんな感じで・・・


◎=ポピュラー業務  ○=取扱業務  ×=取扱不可
業務名称取扱備考
任意整理×行政書士が依頼人に代理して
債権者と交渉するのは弁護士法違反
小型船舶にかかる
手続書類の作成
小型船舶とは総トン数20トン未満の船舶
建設業許可 
風俗営業許可 
車庫証明 
入管業務 

※ポピュラー業務の判断は私の主観によるものです


まあ、任意整理の下にずらずらといくつか書いておりますが、これは、
特上カバチ第1巻の178ページあたりからずらずらと出てくる業務でして、
なんか、任意整理だけ書いて「×」とかしているのもしょっぱなからなんだかなと
思ったので、取りあえず先に一覧表に追記しておいた次第です。


それでは、続きはまた次回以降



拝む



今後ともよろしくお願いします。













やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

梅安

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較