行政書士の実務講座 概論 行政書士の実務講座 概論

行政書士の実務講座 概論



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格独立開業準備⇒行政書士の実務講座 概論

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  



昨日、東京都行政書士会のADR業務の認証申請を進めていた行政書士先生から、大きな進展があったとの話がございました。

 

まだおおっぴらには公開されていなさそうな情報なので、詳細については後日、別途記事にしたいと思います。

これから行政書士になろうとする人、今まで行政書士としてお仕事をされてきた方双方にとっても凄く良いニュースになると思います。

 

前置きはこのぐらいにして、今回は2/8(土)に行われた行政書士実務講座の概論編について書きたいと思います。



 


 



【日本行政専門学院】

 

2/8(土)。例によって、船橋から新宿まで電車で約1時間かけて日本行政専門学院で行われる行政書士実務講座の第1回に行ってきました。

 

会場につくと、前回の無料講座に来ていた人は1人いて、あとは初顔ばかりの人が既に着席しておりました。私を含めて8人といったところでしょうか。

 

まあ、皆様年齢が高そうな感じ・・・20代は私1人で、おそらく30代であろう人が1人、あとは恐らく・・・50代以降ではと思われる年代構成です。そして女性がいない。

20代の行政書士合格者はやはりあまり開業する気がないのか、はたまた講座費用が惜しいのか・・・

 

ちなみに、日本行政専門学院における行政書士実務講座は、既に25年もやってらっしゃるようで、今回はきりの良い第50期生ということになるようです。

実務講座修了者の中には、行政書士として第1線でご活躍されている方が数多くいらっしゃるようで、やはりその辺りの実績も私が実務講座を選ぶ上で判断材料の一つとなっておりました。



 


 



【行政書士の業務とは】

 

13時になると、講師の桂井先生が颯爽と登場。
「さあ、はじめましょう」という宣言で講座開始。

 

講座内容は、前回の無料講座の内容と若干重なる部分もございましたが、行政書士法1条の背景や行政書士としての心構え、お客との接し方等を中心に話が進められました。

 

特に行政書士法1条の2、3については力を入れて講義されておりました。
ポイントは以下の通り。



  • 【1条2】官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする
  • 【1条3の1】行政書士が作成することができる書類を官公署に提出する手続について代理する
  • 【1条3の2】行政書士が作成することができる書類を代理人として作成する
  • 【1条3の3】行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応じる



やはり、「相談に応じて、書類を作成して、官公署に提出する」ということが一般的な業務の流れになるようです。

 

あとは、行政書士の主要業務と関連する法律の一覧等についてのご説明。行政書士の業務の範囲ってほんと広いんですよね。今回の実務講座で改めてそう思いました。大きくカテゴライズしても20項目ぐらいにはなりますが、私はそのうちの5項目を自分の主要業務としてやっていこうと考えております。



 


 



【行政書士開業準備】

 

実務講座後半は、行政書士として開業する前に準備しておくことについての講義となりました。ポイントは以下の通り



  • 1.実際に行政書士業務で手掛ける可能性のある書類を手に入れること
  • 2.開業する事務所のまわりにはどんな官公署があるのか
  • 3.行政書士実務に役立つ法律(知的財産法、入管法etc)を学ぶ
  • 4.簿記を学ぶ



やはり、簿記ですよねえ・・・私、簿記ってやったことがなかったので、これを機に簿記の勉強を始めようと思っております。6月に簿記3級試験があるようなので、そこに照準を合わせようかな・・・

 

企業の財務諸表等をある程度わかるようになって、経営者と話ができるようになると良いようです。
どちらにせよ、行政書士で開業すろと大体は個人事業主になると思うので、そうすると青色申告ができる程度の簿記知識が必要になるんですよね・・・頑張らねば。

 

あとは、事務所についてや事務所に揃えるべき什器備品、使用人行政書士、補助者について等を講義されておりました。

事務所については、私がちょうど先日、船橋において事務所用物件の契約が結べたので、そのあたりも含めてまた別途詳細な記事を書きたいと思います。



 


 



かなり大まかではございますが、上記のような内容で2時間となります。
やはり、実務の勉強に入れると楽しいですね。試験勉強はモチベーションの維持等が大変でしたが、実務勉強は勝手にモチベーションがあがってくれます。

 

次回は、第1回の後半、行政書士の経営論について書きたいと思います。




やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

梅安

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較