【レビュー】行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版) 【レビュー】行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)

【レビュー】行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー⇒【レビュー】行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  



行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)





行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)




【データ】


ページ数:849ページ
価格:2940円(税込)
出版社:ダイエックス出版
著者:ダイエックス行政書士試験対策プロジェクト
カテゴリ:基礎テキスト


【評価】


読みやすさ:★★★★
ボリューム:★★★
試験適応度:★★
備考:初学者向け





1

やらない夫手組み




やる夫くん。

1年3ヶ月ぶりに登場してのいきなりの質問で申し訳ないが、「エゴサーチ」って知っているかね?







やる夫手組み


ええ、1年3ヶ月ご無沙汰しておりました。
「エゴサーチ」ですか。ええっと、なんとなくはわかります。

自分の名前をgoogleやYahooで検索してみたりすることですよね。









2

うむ、だいたいそのとおりだ。で、実は、このブログのエゴサーチを私は時折行っている。もちろん自分の名前ではなく、「やる夫 行政書士」等といったキーワードで検索している。






ふむ・・・

それで結果はどうですか?批判だらけですか?
なんかたまに2chでもこのブログのことが言及されたりしているようですね。

叩かれている感じではないのでまあいっかなあと思ってますけど。












3

やらない夫コーヒー

それでさ、このブログについて言及しているサイトをみていたら、以前「やる夫で学ぶ行政書士試験 お勧めテキストと問題集」の中で紹介したダイエックス出版の熟テキストが今は違うシリーズになっていることを知ったんだ。

で、そのダイエックス出版の新しい行政書士テキストがあまり評判が良くなさそうなんだよ。  
それ以来、そのダイエックス出版の新しい行政書士試験テキストが気になるようになってね。






ポテチ

なるほど。そうして気にかかっている矢先に当ブログにダイエックス出版のテキストについてのご質問コメントが寄せられたということですね。

ちなみに、このコメント、当ブログに寄せられたコメントとしては1年ぶりぐらいですね。
昔は、結構コメントあったんですけどね。やる夫で学ぶ行政書士試験のコメント欄なんかは結構にぎわっていましたね。









4


やらない夫

正確には1年4ヶ月ぶりのコメントだな。

このブログも、最近はほとんど更新をしていなかったからまあ多少廃れてしまうのも致し方ないな。
さて、上記のような一連の流れを受けて、早速ダイエックス出版の新しい行政書士テキスト「行政書士基礎テキスト 法令編」を読んでみた。






やる夫基本


この記事の冒頭に評価が書いてあるので、もう皆様だいたいのことは予想できているでしょうけどね。

やらない夫さん、レビューをお願いします。
.







5


【全体評】




やらない夫スーツ

まずは全体評を述べさせてもらう。
一言でいうと、法律初学者向けの内容だ。

様々な判例をベースに学習を進めるという点は、前シリーズ「熟テキスト」と共通している。
しかし、その内容は、従来の行政書士試験問題をなぞっているに過ぎないといってよい。
このテキストで学習したからといって、今後新たに出題される試験問題に柔軟に対応できるとは思えない。




スーツ
手厳しいっすね。ただ、おっしゃることはわかります。

ページ数はまあまああるんですけど、判決文の記述が結構な割合を占めているんですよね。
私としても、判例重視で学習を進めること自体は良いと思っているんですけど、それにしても、もう少し判決文を削って補足説明等のスペースを作ってもいいんじゃないかと思いました。

良い点はどうでしょうか。







6






【良い点】



やらない夫コーヒー

文字の大きさやページの構成等、テキスト全体として読みやすいところは良い点だ。

あとは、難しい用語を使用していないので、初学者には読みやすいと感じる。
また、各判例に基づく考え方等をよくまとめているので、基本的な部分は理解しやすい。






やる夫基本

ま、その辺はダイエックス出版の公式サイトでも書いているとおりですね。

一言で言うと、良い点は読みやすさに尽きると思います。正直なところ、基礎テキストというよりは、入門テキストという位置づけでこのテキストを考えた方が良いかもしれません。

さて、それでは良くない点はいかがでしょうか。               








7






【良くない点】




やらない夫手組み
まず、学習範囲が従来出題された行政書士試験問題をなぞっている程度であり、深い知識や考え方を学ぶという構成ではないため、このテキストでは、今後新たに出題される行政書士試験問題にはおそらく対応できないであろうと考える。

繰り返すが、従来出題された試験問題の考え方を学ぶという構成なので、そこからさらに考えを深めて学習したり、応用問題に対応するという作りにはなっていない。

上記やる夫が申したとおり、基礎テキストとうたっているがほぼ入門テキストに近いものであると私は考える。





やる夫汗目を閉じ
近年の行政書士試験では、行政法すらも判例をベースにした試験問題が結構出題されているので、判例ベースの学習の進め方は良いのと思うのです。但し、このテキストで取り上げる判例が従来試験問題に出題されたものばかりなので正直学習範囲としては浅いかなと思います。

これまで出題されなかった判例をベースにした試験問題というのも今後バンバン出てくると思いますので、そう考えるとこのテキストで取り扱っている判例を抑えるだけでは不十分ですね。









8




【結論】



やらない夫指


な・の・で
結論としては、基礎テキストとしては学ぶ範囲や深さという点で不十分と考える。

但し、 入門テキストとして考えればありだ。
入門テキストとして考えれば、むしろこの「行政書士基礎テキスト」は高評価の部類に入るかもしれない。















9


やる夫キラ


以前書いた「やる夫で学ぶ行政書士試験 お勧めテキストと問題集」も少し修正した方が良いですね。






やらない夫こっち
そうだな。近日中に修正しておく。

さて、コメントで頂いたご質問の中で、2013年版の行政書士試験お勧めテキストのアドバイスをお願いしますという記述があった。
それについても目星を付けたので、近日中に詳細をこのブログで書こうと思うが、タイトルだけ先に記載させて頂くと「行政書士試験 必勝テキスト」(同文館出版)がお勧めだ。

あとは、元行政書士試験委員が監修したという「ドンドン解ける!行政書士合格テキスト」も良かった。
次回は、上記お勧めテキストについてレビューしたいと思う。
               








【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー】
取り扱いテキスト・問題集のレビュー評価一覧


【基本テキスト】
らくらく行政書士講義そのまんま 2012年版  2012年版 うかるぞ行政書士 基本テキスト

平成24年版 パーフェクト行政書士 基本書 行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)


【問題集】
2012年版 うかるぞ行政書士 過去&予想問  平成24年版 パーフェクト行政書士 過去問題集


【一般知識用】
らくらく行政書士一般知識○×チェック 2012年版


【40字記述用】
2012年版 うかるぞ行政書士 40字記述式問題集


【入門テキスト】
2012年版 うかるぞ行政書士 入門編一問一答  2012年版 うかるぞ行政書士 入門編




当ブログの人気コンテンツ
やる夫で学ぶ行政書士試験
コメント
No title
こんにちは。
先日質問させていただいた者です。
更新ありがとうございます!
ブックマークの場所を前の記事にしていたので最新記事に気付くのが遅くなりました(;_;)

私のコメント、1年4カ月ぶりなんですね(笑)

今回お聞きしたかった、良い点から悪い点まで本当に丁寧に解説して下さっててとても参考になりました。
先走って購入しなくて良かったですが、入門テキストとしてはすごく良いということで、一応宅建の資格を持っていますが、やはり入門テキストを飛ばさず順番に進めていった方が確実なんでしょうか?
であれば、ダイエックスのテキストは必要なんでしょうけど、最小限のテキストでと思っているので、省けるものは省きたいというのが正直なところです。

最後の方に名前が挙がった2種類のどちらかだけでも受かりますか?
2013/08/28(水) 17:27 | URL | えり #-[ 編集]
Re: No title
えりさん

頂いたご質問に対して回答致します。

>入門テキストを飛ばさず順番に進めていった方が確実なんでしょうか?
宅建に合格されるほどの学習能力があるということであれば、入門テキストは飛ばして、基礎テキストから学習を開始されるということで大丈夫だと思います。私が受験生の頃は、入門テキストというものには手をつけずに、最初から基礎テキストで学習しましたが、それで苦労したということは特になかったと思います。


>最後の方に名前が挙がった2種類のどちらかだけでも受かりますか?
どちらかというと、「行政書士試験 必勝テキスト」がよさそうに思いました。判例を中心にテキストが進められているのですが、学説なんかも他のテキストに比べて結構しっかりとおさえているという印象です。行政書士の試験委員って、基本的には大学の教授・準教授等です。こういった方々は、基本的には判例と学説を中心に法的な諸問題を検討したりするので、試験問題も自ずと判例や学説を中心に構成されますし、最近は特にその傾向が強いですね。


なので、判例と学説の双方が広く、且つ深くおさえられているテキストが最も良いテキストではないかなと私は考えます。そういう意味で「行政書士試験 必勝テキスト」が今のところ最も良いかなと感じた次第です。もう一つの元行政書士試験委員が監修したという「ドンドン解ける!行政書士合格テキスト」については、確かに試験問題のポイントや勘所をよくおさえているなという印象は受けました。但し、このテキストから得られる知識の広さや深さについては、先ほど述べた「行政書士試験 必勝テキスト」にはかなわないという印象です。


またお勧めテキストを書くにあたって、再度両テキストを読み込んでみますが、今のところは上記のような印象を私はもっております。

2013/09/01(日) 15:57 | URL | 梅安 #-[ 編集]
No title
梅安 様

お忙しい中大変貴重なご意見ありがとうございます。

今回は必勝テキストを購入しようと思います。

今年の試験まであと2カ月ほどですが、無謀にも挑戦しようと思っており、受かれば奇跡ですが、たとえ落ちてもいいので出来る限りのことをするつもりです。

テキスト読み込み後のご意見も宜しくお願いいたします。
<(_ _)>


2013/09/02(月) 15:53 | URL | えり #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較