行政書士試験 科目別配点2 行政書士試験 科目別配点2

行政書士試験 科目別配点2



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格行政書士試験対策⇒行政書士試験 科目別配点2

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  



前回書いた「行政書士資格試験 科目別配点」の続きを、私自身の独学合格体験を交えつつ書きたいと思います。

前回、配点について書いた以下のことを軸に話を進めます。

 

>行政法、民法、一般知識を8割とれれば、それだけでほぼ合格点

 

 


 

 

【行政書士試験に落ち続けて気づいたこと】

 

私は、平成18年度、平成19年度と2回続けて行政書士試験に落ちました。1回目は法律初学者で3か月しか勉強していない状態だったので、悲惨な点数で落ちました。で、2回目こそはと勉強し続けて、途中ビジネス実務法務検定2級を受験して合格するという寄り道をしつつも、ほぼ1年間かけて挑んだのですが、2回目も落ちました。点数は158点。

 

ちなみに平成19年度行政書士試験ポスター
(こうみるとキャリアアップ的な資格に見えてしまう・・・独立してなんぼの資格なのに。)

平成19年度行政書士試験ポスター

 

 

私は、3回目の行政書士試験受験にあたり、勉強の仕方を根本的に考え直さなければと思い、自分の得点配分を見てみました。すると、憲法、基礎法学、会社法、商法と配点の低い科目は合わせて8割方得点できていたのですが配点の高い行政法を4割ぐらいしか得点できていなかったのです。比較的配点の高い一般知識を8割得点できたにも関わらず、落ちたのは、やはり行政法をきちんと得点できなかった為だと遅まきながら気付きました。

 


 

【変えた勉強スタイル】 

 

 

私は3回目の受験にあたり、今までのように全ての科目をまんべんなく勉強するというスタイルではなく、配点の高い科目を集中的に勉強し、配点の低い科目を捨てるというスタイルに出ました。

 

科目を勉強する順序を配点の高い科目である

 

  • 1.行政法
  • 2.民法
  • 3.一般知識
  • 4.憲法

 

 

の順にして、配点の低い会社法、商法、基礎法学、地方自治法は電車や風呂でテキストをさらっと読んで、最低限の過去問・予想問題をやる程度にとどめました。

 

記述式もとことん行政法民法のみをみっちりやり、テキストでは何度も行政法民法、一般知識の部分を読み返すようにしました。その甲斐あって、独学で平成20年度の行政書士試験に合格できました。
行政法民法は、7割得点できました。配点の低い会社法、商法、地方自治法はあまり得点できなかったですが、配点の高い行政法をしっかり得点したことで合格できました。

 


 

今回の記事の内容は行政書士試験を受験するにあたり、当然の内容なのかもしれませんが、合格する為には行政法を得点することが如何に大事であるかを意識して勉強するのとそうでないのとではやはり差が出ると思います。

 

次の平成21年度の行政書士試験も行政法がメインであることには変わりがないと思いますので、本記事が、次回挑戦される方に少しでも参考になれば幸いです。

 

次回の記事は、私が今、週一ペースで行っている行政書士実務研修の内容やそこで感じたことを、少し書いてみようかと思います。


やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

コメント
本当に!?
こんばんは、初めまして…
先生の学習方法を参考にすれば独学でも合格できますか。
私は今年度の試験に初めて挑みますので不安です
2011/02/10(木) 22:15 | URL | #-[ 編集]
Re: 本当に!?
> こんばんは、初めまして…
> 先生の学習方法を参考にすれば独学でも合格できますか。
> 私は今年度の試験に初めて挑みますので不安です

月様

コメントして頂きありがとうございます。
私自身、全国模試を除けば予備校等を一切使わないほぼ完全な独学で合格はできました。
が、私がブログ内で記載している学習方法を実行すれば高い確率で独学合格できるというわけではございません。


試験方法に大幅な変更があれば対策方法は全く変わってきます。
とはいえ、直近の試験である平成22年度試験と同じような試験方法、内容であれば、
私が繰り返し述べているとおり、行政法と民法を徹底すること・・・そして、全国模試ぐらいは予備校を利用すること等が合格の近道だと考えます。


直近の試験でも、行政法や民法は比較的オーソドックスな問題だと感じましたので、きちんと勉強をすればある程度は解けるレベルだと思います。
(とはいえ、年々難易度はあがっておりますが)


以上、試験勉強のご参考にして頂ければ幸いです。

2011/02/14(月) 19:05 | URL | 梅安 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

梅安

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較