ADR 東京都行政書士会が認証を取得!! ADR 東京都行政書士会が認証を取得!!

ADR 東京都行政書士会が認証を取得!!



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格独立開業準備⇒ADR 東京都行政書士会が認証を取得!!

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

とうとう来ましたね、この日が。

5月中には認証されるだろうと言われておりましたが、5月25日付で、東京都行政書士会が紛争解決事業者(ADR)としての認証を受けました。

証拠はこちらのお知らせ欄 → かいけつサポート

やる夫シリーズの途中ですが、ちょっとこれは見逃せないニュースなので、書かせて頂きます。





私が日本行政専門学院に通っていた3月頃、行政書士ADRセンター東京センター長の工藤先生が風俗営業許可申請の講師をしてくださったとき、工藤先生の口から、5月には認証されるだろうという話を聞いて、とてもわくわくしたことを今も覚えております。


あれから、下のような気持でずっとこの日を待っておりました。



      ☆ チン     マチクタビレタ~
                        マチクタビレタ~
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < ADR認証まだ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       | 千葉ピーナッツ |/




きっと、これから神奈川会や埼玉会、大阪会等も認証されていくのかもしれません。
千葉は・・・どうなんですか?教えてほしいです(泣)





ちなみに、調停人・あっせん人になる為には以下のような基準を満たさなければならないようですね。
ソース元:http://www.moj.go.jp/KANBOU/ADR/jigyousya/ninsyou0030.html

まず、ADRセンターの調停人養成研修修了した上で、紛争の範囲毎に次の基準を満たさなければならないようです。2~4は行政書士業務歴が5年以上あることが前提。

1 外国人就労就学関係
=地方入管局長届出 and 諸外国の宗教、慣習その他の文化的価値観に関する専門的知識を十分に有するもの

2 自転車事故関係
=元警察官 or 自転車事故に関する専門的知識を十分に有するもの

3 愛護動物関係
=動物取扱責任者研修を受けたもの or 2級以上の愛玩動物飼養管理士認定者 or これらと同等程度の知識及び経験を有するもの

4 敷金・原状回復関係
=宅建に合格したもの or 同等程度の知識及び経験を有するもの




行政書士業務歴5年以上か・・・何をもって起算点とするのか・・・多分登録日かな。


しかし、これで今年の行政書士試験は、上の4分野に絡む問題が出る可能性がだいぶ高くなりましたね。今年の民法の記述式は特にこの件を意識して勉強されると良いかもしれません。


これからこのADR業務が行政書士の業務としてどう認知されていくのか。楽しみですね。そして、こうやって業務の幅が広がると共に、学ばなければならないことも増えていくんだなと実感しております。


↓行政書士のADRについて少しでも参考になりましたら、クリックして頂けると幸いです
 (当ブログのランキングがアップします)
↓行政書士ブログランキング
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 

コメント
ビッグニュースですね♪
こんばんは。ビッグニュースを教えてくださり、ありがとうございます!!ずっと行政書士のADRが認められないかなと思っていたんですよ。これで、東京を皮切りにどんどん広がると思います。経験5年以上だったり、宅建が必要だったりと要件はありますが、大きな一歩ですね。これで紛争がすこしでもなくなるといいです。しかし、「センター長が専任する」ってどういう意味でしょう?申請したものの、違う行政書士が選ばれる、ということがありえるということでしょうか?
2009/05/29(金) 01:44 | URL | ゆんこ #-[ 編集]
ゆんこ様 コメントありがとうございます
ゆんこ様

いつもコメントありがとうございます。

とうとうですよね。ADR。とりあえず外国人就労就学関係は行政書士歴5年以上の要件がないので、一番手掛けやすいところでしょうね。

「センター長が専任する」については、東京センター長の工藤先生と仲がよい、私の師匠である桂井先生に聞いてみます。

わかりましたら、またこの記事に追記しておきますね。
2009/05/29(金) 13:46 | URL | 梅安 #-[ 編集]
センター長選任
ゆんこ様

確認しましたが、申込みは、行政書士からではなく紛争の当事者がADRセンターに対して行うものなので、原則、センター長が案件に応じて選任することになるようです。

紛争の当事者が、調停人として要件を満たしている行政書士を指定しても、必ずその方が選任されるとは限らないようです。

以上ですかね。これから実際に業務として手掛けられていく中で、このあたりについてもより明確になっていくかと思います。
2009/06/03(水) 01:44 | URL | 梅安 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較