平成22年度行政書士試験概要のあとがき 平成22年度行政書士試験概要のあとがき

平成22年度行政書士試験概要のあとがき



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格平成22年度版 やる夫で学ぶ行政書士試験⇒平成22年度行政書士試験概要のあとがき

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  



昨日「平成22年度行政書士試験概要 やる夫で学ぶ行政書士試験」を書きました。


今月ぐらいから、やる夫で学ぶ行政書士試験をまた書いたりしてますが、その理由の一つとして、
平成22年度の試験概要が発表されたことがあげられます。




やっぱり試験案内が発表されると、「来たな」って感じがします。








でもって、平成22年度試験概要。


平成22年度行政書士試験概要 やる夫で学ぶ行政書士試験」の中でひとしきり説明しておりますが、
前年度から大きな変更点はありません。


というか試験委員にいたっては、前年と全く同じです。


ですが、やる夫の方でも述べましたが、今年は難易度を上げてくるだろうという予測が立ちます。



では、どこで難易度を上げてくるのか。たとえばですが、会社法・商法の法令択一問題など、
配点の少ないところで難易度を上げても大きな影響はないでしょうから、私としては、
以下のいずれかになるのではと勝手に予想してみたりします。



◎ 行政法の難易度が上がる


▲ 記述式で、まさかの行政法・民法以外の分野から出題









まず、「行政法の難易度が上がる」について



これが、たぶん一番可能性が高いだろうと思います。
というのも、前回の行政法は比較的難易度としては易しめでした。それが、
9%という合格率の高さにつながったのかなと思います。


ので、一番得点配点が高いということもあり、行政法の難易度をあげるのが、
行政書士試験研究センターからすれば最も現実的な選択なのかなと思います。





続いて「記述式で、まさかの行政法・民法以外の分野から出題
これは、大穴ですね。


平成18年度から導入された、40字記述は、前回の平成21年度試験まで



行政法1問=20点
民法2問=40点




という感じでした。


で、今年の試験もおそらく今までと同様の可能性が高いですが、
先日発表された、行政書士試験研究センターの平成22年度試験案内でも
記述式は、別に行政法・民法に限ってはいない
んですよね。



建前上は、憲法・会社法から出題されてもおかしくはないので、今年辺り
試験の難易度を上げるため、もしかするとですが、行政法・民法以外の分野からの
出題の可能性もありえるかなと。





まあ、この辺りは、また後日やる夫で学ぶ行政書士試験でもう少し色々と考察したいと思います。



そんなこんなで、ちょこちょこと更新していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。




【平成22年度版 やる夫で学ぶ行政書士試験】


1 平成22年度行政書士試験概要

2 インターネット申込序章

3 インターネットによる出願


行政書士試験に出そうな判例


やる夫で学ぶ行政書士試験
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

梅安

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較