o>.html?sp" /> 行政書士試験 独学・合格 行政書士試験対策 行政書士試験対策

行政書士試験対策



 現在連載中 【やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

 2013年8月24日追加「行政書士基礎テキスト 法令編(2013年度版)



行政書士試験に、働きながら独学で合格した体験に基づく試験対策ブログ

行政書士試験 独学・合格⇒行政書士試験対策

 当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え

  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想

  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験

  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー

  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  




さて、今回は、「法学」というものを考えてみようかなと思います。行政書士試験では、最初の1~2問目において、通常、法学(又は基礎法学)と呼ばれるカテゴリの問題が出題されます。そして3問目以降に、憲法問題が出題されます。


この行政書士試験でいう「法学」と、大学の法学部で学ぶ「法学」って、結構違うんじゃないかなあと受験生当時はよく思っておりました。


大学の法学部で学ぶ法学は、学校によって多少違いはあれど、基本的には、次のような内容になるかと思います。

①法の概念(法とは何か)
②法の歴史(特に近代市民法の原理の生成について)
③法と道徳
④日本の法制度(裁判制度)について
⑤世界各国の法体系について
⑥法源について(判例には法源性があるのかとか)
⑦法の適用と解釈


一方行政書士試験で出題される法学は、平成21年度の試験ぐらいまでは次のような内容がよく見受けられました。

①ADRについて(平成18年度出題)
②法テラス等の支援組織・機関について(平成21年度出題)
③情報と法について(平成17年度出題)
④紛争解決制度や裁判制度について(平成15年度、平成17年度、平成19年度出題)
⑤法律用語法について(平成20年度、平成22年度出題)


行政書士試験における法学問題は、現代の裁判制度や紛争解決制度といった問題が平成21年頃までよく出題されていたように思いますので、大学の法学に比べると、比較的現代的な法学問題であったように思います。実際、私が受験生のときも、そういった視点で、法学については現代のADRや裁判制度等に重点をおいて勉強をしておりました。私が受験生の頃は、行政書士がADR業務を取り扱えるかどうかの瀬戸際だったように思いますので、そのあたりが行政書士試験にも反映されていたように思います。


ただ、そのようなADRに関する高まりも一段落した現在では、大学の法学っぽい問題が行政書士試験の法学問題でもよく見受けられるようになってきたように思います。前からそのような大学の法学っぽい問題がなかったわけではなく、ADRに関する動きがあるまでは、比較的大学の法学っぽい問題の方が多かったように思いますので(法の欠缺を出題した平成14年度は特にその傾向強し)、その頃の出題傾向に今戻ってきたと考えられます。


前回の平成24年度の行政書士試験では、「判例」の定義や解釈、法源性を問う問題がいきなり1問目で出てきましたが、これなんてほんと大学の法学で学ぶことそのまんまです。こうしたここ2~3年の出題傾向を見る限りでは、今年度(平成25年度)の行政書士試験の法学問題も、大学の法学っぽい問題が出そうな予感がします。


このような出題傾向が、果たして何を意味しているのかは正直私にも良くわかりませんが、一般的に「法学」という場合、法の欠缺や、「判例」の定義や解釈、法源性を問うといったことが出題者に浮かびやすいでしょうから、出題者からしてみたらごく自然のことであり、ある時期ADRや紛争解決制度等の現代的な法学問題を多く出題していた時期が、少し異常だったのかもしれません。




やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

久々に自分のブログを見てみたら、1カ月更新しないと張られるリンクが、
なんかでっかいバナーになっているじゃありませんか。



これはいやだなと。思いまして、唐突に更新。


なんていうか、さりげなくこの広告バナーが1日縦横1pxずつでかくなるとかいう地味な嫌がらせでもしようものなら
もれなく休眠中のブログがぽつぽつと復活しそうな気もしますが、
そんなことしたら他のブログサービスへの引っ越しが相次いでしまいますね。


毒にも薬にもならない程度の冗談はさておき、本題へ・・・・


PC振り返り


あまりに久々の更新なので、
ブログ管理画面の使い方がよくわからんですお
















【近況とか】




ゴールデンウィーク中は、突入前にぽんぽんと入ってきた仕事をこなしていたりしたので、
たくさん休んだというわけではないのですが、まあ3日間ぐらいは休みました。


切れ目なく仕事があるというのは、まあ安心するものなので、
たくさん休めなかったからといってひどくストレスだというわけではないです。



んで、この前、事務所物件の更新をして気づいたのですが、
開業してからさりげなくもう2年が経過しました。


あっという間だったかというと、そうでもなく、
なんやかんやと色々あったなという気がします。



そんな中で、ふと行政書士試験の勉強をしていた頃をこの前
思いだしたりしておりました。


黄昏

行政書士試験勉強の内容が業務に役立ったこと、ほとんどなかったなあ・・・・













【行政書士試験の勉強をしていた頃を振り返る】





私は普通にサラリーマン(システムエンジニア)として働きながら
独学で勉強をしていたというスタイルでした。



今にして思えば結構しんどかったなと・・・


「働きながら」とか、「独学」がしんどいというわけではなく、
やはり「合格」しなければほぼなんの意味をなさない勉強
だということが結構しんどかったですね。
(モチベーションを保ち続けなければならないという意味でも)


私は合格まで勉強期間は2年半ほどかかりましたが、
もうひたすら地味に勉強ですよね。



今にして思えば、結構ストレスもあったんだろうなと思いますね。


そういえば、当時はお酒も飲まずに、仕事から帰ってきてから
勉強していたのですが、良く頑張っていたなと我ながら思ったりします。



あの時、苦労して合格できて良かったなと今は強く思えておりますので、
そういう今の気持ちを大切に、日々の業務をより頑張っていきたいですね。


考える

やろうとすれば、結構さっくりと更新できるものですな開業こぼれ話系なら、週1ペース更新できるかな・・・

まあ、欲を出すと更新が止まるので、すげえマイペースでいこうと思いますお







やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験


今回「全農林警職法事件」をやる夫でやってみました。

これは、花火大会の場所取りをしている間にほとんど仕上げたものでして、
他にもいくつか仕上げられたので、しばらくは更新が止まるということはないかなと思ったりしてます。








全農林警職法事件で読み取るポイントは2つ。


・公務員といえども、憲法28条の労働基本権の保障は及び

・但し、国民全体の共同利益の見地からすると、一定の制約を受けるのはやむをえない



試験問題に出るとしたら、この事件単体で出題されることはまずないだろうと思います。
出るとしたら、前回の試験で言うところの問4のような出題のされ方が考えられるかなと思います。


他には、公務員の人権に関してということで、猿払事件あたりと組み合わせた形で出題されるか・・・

ただ、関連する判例(全逓東京中郵事件、岩教組学テ事件etc・・)で
一定の制約に関するニュアンスが異なるので、出題しずらい分野なのかなと思います。








あと、やる夫の最後の方にも書きましたが、最近行政書士業務の関係で判例を読む機会が
すごく多くなりました。業務をやっていけば色々なお客様から相談を受けることがあり、
専門分野ではない質問等ももちろんきます。


そういったときに的確な回答をするためには、日ごろから様々な判例を読むことが
必要じゃないかと考えるようになりました。実際、勉強したことは大変役に立っております。

合格者の中で開業に向けて準備をされている方には、是非、
自分が専門分野にしようとしている分野に関連する判例を読んでおくことをお勧め
いたします。



それと、最近の行政書士試験は、前回の問6のように判例の一節を読み取って回答を導く
という問題が出る傾向にあるので、多少は判例を実際に読み取る勉強というのも
効果があるかもしれません。


次回は、今年度版の願書提出をやろうと思います。
その次に判例シリーズを挟んで、今年度版のお勧めテキストをやろうと思います。



今後ともよろしくお願いいたします。



【やる夫で学ぶ行政書士試験関連の判例】

八幡製鉄事件

税理士会政治献金強要事件

群馬司法書士会事件

マクリーン事件

DBでいう人造人間編みたいなもの

外国人地方参政権事件

全農林警職法事件

三菱樹脂事件


やる夫で学ぶ行政書士試験


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験



長らく更新をしておりませんでしたが、少しだけ更新したいと思います。

この時期は、行政書士試験を受験された方々にとって、合格発表までが待ち遠しい時期でございます。
かくいう私も、試験の当落線上にいたので、不安な日々が続いたものでした。


現在、業務多忙かつ弁理士試験の受験勉強などのため、以前のようにこのブログを更新することが
全くできなくなっておりました。

今後も、当面は更新することができませんが、有り難く頂いたコメントに対する回答等はさせて頂こうと思っております。


行政書士試験については、「やる夫」というキャラクターを使い、自分の中にある行政書士試験に関する知識等は
一通り出しつくした感がございますので、今後、更新をするとしたら、合格後の開業体験談などや
どのようにお客を獲得したのかといったことに比重を置いて更新をしたいと考えております。



何故か最近、行政書士試験の勉強ばかりをしていたころを思い出すことがあります。多分、当時8月は結構勉強をしていたからなのかもしれません。





【独学での勉強】




私の場合、独学でしたので、周りに情報交換ができるような受験生もおりませんでしたし、ネット上での行政書士試験関係のコミュニティにも参加しておりませんでしたから、他の受験生がどんな風に勉強をしているのかなど、全くわかやなかった為、自分のやり方は正しいのだろうかと不安になったこともよくありました。


行政書士試験に落ちた年の勉強方法は今にして思えば効率の大変悪いやり方だったなと。しかも、行政書士試験の各科目の配点もよく考えずに自己満足のような勉強だったと思います。


行政書士試験に落ちた年は、会社法と憲法がほとんど満点だったのですが、行政法がてんで駄目でした。合格した年は、会社法は1問しか正解せず、憲法も半分ぐらいしか正解しなかったのですが、行政法で相当点数を稼げたので、合格することができました。


行政法と民法をひたすら勉強するという作戦が功を奏した形となります。


ちなみに、私の当時の勉強方法は、はじめはテキストの重要な部分をノートに書き写していたりしていました。でも、結局ノートを読み返すことってほとんどなくって、ひたすらテキストを読み込むというやり方に変えた年に合格することができました。






【行政書士試験合格年の勉強データ】



ということで、少しでも行政書士試験受験生の皆様に参考になればと思い、私の当時の勉強データをまとまてみました。


勉強方法ひたすらテキストを読み込む。読み込んだ箇所は、あまり日をおかずに問題集で解いてみる。
       ノート等に書き込むようなことは一切しませんでした。

勉強時間(平日):通勤電車往復2時間のところでテキストを読む。帰ったら問題集を1時間やって
          お風呂で30分ほどテキストを読む。

勉強時間(休日):平日よりも問題集を解く方に時間を割く形でだいたい7~8時間ほど。

使用したテキスト:うかる行政書士総合テキスト(伊藤塾)
           うかる行政書士総合問題集(伊藤塾)
           行政書士熟テキスト一般知識編(DAI-X出版)
           行政書士記述式対策(DAI-X出版)
           ラストスパート行政書士直前予想問題集(DAI-X出版)

一般知識対策新聞は読んでません。新聞ダイジェストで法改正や政治・経済のところだけさらっと
          読んでたぐらいです。あとは、情報通信分野対策も兼ねて「ITmedia」を日々チェック
          していたぐらいかな・・・こんなんでも14問中9問正解できました。
    
予備校利用:基本的に利用していないのですが、10月に行われるWセミナーの全国公開模試
        2回やりました。今にして思えば、これのおかげで合格できたような気がしています。





だいたいこんな感じですね。少しでも行政書士試験受験生の皆様に参考になれば幸いです。

では、事務所ホームページ作成にこれから取り掛かります。完成予定は8/22(土)となっておりますので、このブログでも完成報告をしようかなと思っております。


ちなみに、やる夫で学ぶ行政書士の開業準備は8/18(火)に第二話をアップする予定です。



やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

最新記事
カテゴリ
プロフィール

梅安

Author:梅安
性別:男性
生年月日:1980年8月19日

千葉県行政書士会所属の行政書士です。

私自身が独学で行政書士試験に合格した経験に基づき、やる夫というキャラクター等を使って行政書士試験対策等をこのブログでは書いております。

当サイトについて

管理人にメールをする

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

著作権・契約書の作成

人気記事
行政書士試験 科目別配点

ZAITEN(雑誌) 行政書士「苦悩」と「限界」

千葉県行政書士会に登録申請 支部長面談

ADR 東京都行政書士会が認証取得!!

行政書士資格の就職への有効性

行政書士試験 難易度を他資格と比較